利用規約

(定義)
この利用規約(以下「本規約」といいます。)において使用する用語の定義は、次の各号に定めるとおりとします。


(適用)
本規約は、本サービスの利用に関するユーザーと当社との間の関係を定めるものです。 ユーザーが本サービスを利用した場合、ユーザーは、当社との間で、本規約を本サービスの利用に関するユーザーと当社との間の契約(以下「本契約」といいます。)の内容とすることを合意したものとみなします。

(サービスの主たる内容)
本サービスの主たる内容は次の通りです。
ユーザーは、本アプリと連携されたロッカー(以下「SPACERロッカー」といいます。)に物(以下「保管物」といいます。)を入れ、本アプリを通じて、当社が定める方法によりSPACERロッカーに「鍵」を施錠することができます。
ユーザーは、本アプリを通じて、他のユーザーに対し、前号に定める「鍵」を渡すことができます。
ユーザーは、本アプリを通じて、自らが保有する「鍵」を利用して、その「鍵」に対応するSPACERロッカーを開錠して保管物を受け取ることができます。

(利用環境)
ユーザーは、自らの責任と負担において、本サービスを利用するために必要な端末を用意し、通信が可能な環境を整えて本サービスを利用するものとします。
ユーザーは、本サービスの利用に当たり、自らの責任と負担において、有害なプログラムへの感染、不正アクセス、情報の漏洩等を防止するための安全対策を講じるものとします。
ユーザーは、本サービスの利用に関連する情報のバックアップが必要であるときは、自らの責任と負担においてバックアップを行うものとします。

(アカウント登録)
ユーザーは、本サービスの全部又は一部を利用するためには、本規約に同意したうえで、当社が定める方法によりアカウント情報を登録するとともにパスワードを設定し、当社がユーザーに対して本サービスの利用を承認すること(以下「アカウント登録」といいます。)が必要です。
アカウント登録は、ユーザー本人(ユーザーが法人の場合にあっては代表者又は必要な代理権を付与された者)のみが行うことができるものとします。
ユーザーは、アカウント情報として真実かつ正確な情報を登録するものとします。
ユーザーは、常にアカウント情報を最新の状態に保つものとし、アカウント情報の全部又は一部に変更が生じたときは、直ちに当社が定める方法により変更後の内容を登録するものとします。
現に登録されているアカウント情報が真実かつ正確な最新のものでないことにより当社のユーザーに対する通知が延着したとき又は到着しなかったときは、当社が当該通知を発した時点で登録されていたユーザー基本情報を基準として通常到着すべき時までに到着したものとみなします。

(端末及びログイン情報の管理)
ユーザーは、本サービスを利用する端末にパスワード、本人認証その他の措置を講じることにより、当該端末が第三者に使用されることがないようにするものとします。
ユーザーは、本サービスを利用する端末を紛失し、又は、盗難その他の被害に遭ったときは、直ちに当社に対して連絡するとともに、自らの責任と負担において当該端末のロックその他の第三者に使用されることがないようにする措置を講じるものとします。
ユーザーは、ログイン情報の管理に関する一切の責任を負うものとします。本アプリを通じて入力されたログイン情報がユーザーのログイン情報と一致するときは、当該ユーザーが本サービスを利用したものとみなします。
ユーザーは、自らの端末又はログイン情報が第三者に使用されたとき、又は、そのおそれがあるときは、直ちに当社に対して連絡するものとします。

(利用料の支払)
ユーザーは、当社が定める方法により、当社が別途定める本サービスの利用料を支払うものとします。

(SPACERロッカーに関する同意事項)
ユーザーは、あらかじめ、次の各号に掲げる事項に同意するものとします。
SPACERロッカーの利用可能時間帯に関する事項
SPACERロッカーの利用可能時間帯は、SPACERロッカーの設置場所その他の事情により、SPACERロッカーごとに異なり、利用できない時間帯があります。
SPACERロッカーの利用可能時間帯は、本アプリにおいて表示されます。ただし、この表示は、SPACERロッカーの設置場所の所有者、管理者等が公開又は当社に対して通知した時間帯をそのまま表示したものです。当社は、このように表示された時間帯とSPACERロッカーの実際の利用可能時間帯が一致することを保証しません。
SPACERロッカーの利用可能時間帯は、本アプリにおいて表示されます。ただし、この表示は、SPACERロッカーの設置場所の所有者、管理者等が公開又は当社に対して通知した時間帯をそのまま表示したものです。当社は、このように表示された時間帯とSPACERロッカーの実際の利用可能時間帯が一致することを保証しません。
SPACERロッカーの利用可能時間帯は、本アプリにおいて表示されます。ただし、この表示は、SPACERロッカーの設置場所の所有者、管理者等が公開又は当社に対して通知した時間帯をそのまま表示したものです。当社は、このように表示された時間帯とSPACERロッカーの実際の利用可能時間帯が一致することを保証しません。
SPACERロッカーの「鍵」に関する事項
SPACERロッカーの「鍵」は、いわゆるスマートロックであり、ユーザーは、他のユーザーとの間で「鍵」を渡し合い、その「鍵」を保有するユーザーがその「鍵」に対応するSPACERロッカーを開けることができます。
当社は、ユーザー同士において「鍵」を渡し合う「場」を提供するものに過ぎず、ユーザーがSPACERロッカー内の保管物に対する所有権、占有権その他一切の権利の帰属、「鍵」を渡し合うユーザー間の契約関係等の事項について、一切責任を負いません。
SPACERロッカー内に放置された保管物に関する事項
SPACERロッカー内に保管物を入れて施錠された時から1週間(168時間)が経過した場合、その時点で、ユーザーは、当該保管物に対する所有権その他一切の権利を放棄し、また、当該SPACERロッカーの「鍵」を放棄したものとみなします。
上記①の場合、当社又はその委託を受けた者が当該SPACERロッカーの「鍵」を開け、その中の保管物を取り出したうえで処分することができるものとし、ユーザーは、これらの処分等に対して一切異議を唱えず、損害賠償その他一切の請求をしないものとします。
上記①の場合、その「鍵」を保有していたユーザーは、当社又はその委託を受けた者から当該保管物を受け取るためには、当社に対し、手数料として10,000円を支払うものとします。

(禁止事項)
ユーザーは、本サービスの利用に際し、次の各号に定める事由のいずれかに該当し、又は、該当するおそれがあると当社が判断する行為をしてはならないものとします。
反社会的勢力であるにもかかわらず本サービスを利用する行為
違法又は不正な目的をもって本サービスを利用する行為
当社から利用停止、本契約の解除等を受けたにもかかわらず、本サービスを利用する行為
第三者になりすまして本サービスを利用する行為
第三者に対して自らの端末又はログイン情報を使用させる行為
真実若しくは正確でない情報又は最新でない情報を登録又は申告する行為
違法又は不正な手段により入手した情報を登録又は申告する行為
当社が定める方法によらずにSPACERロッカーを使用すること
SPACERロッカーの滅失、損傷等を来たすおそれがある行為
SPACERロッカーに過度な重量、サイズ等の物、ロッカーの破損、汚染等を招くおそれがある物、臭気を発する物、腐敗又は変質しやすい物、危険物、動物、死体、遺骨、法律により所持が禁止される物、犯罪に供されるおそれがある物その他の保管物として不適切な物を入れること
SPACERロッカーの保管物を1週間(168時間)以上取り出さないこと
コンピューター・ウィルスその他の有害なプログラムを使用する行為
本アプリその他の本サービスに関連するシステムに対して不正にアクセスし、又は、本サービスに関連するシステム上の情報を不正に取得し、若しくは、改竄する行為
本サービスに関連するサーバー、設備等に過度の負担をかける行為その他の本サービスの提供に支障を生じさせる行為
本アプリその他の本サービスに関連するソフトウェアについてリバースエンジニアリング、デコンパイル、逆アセンブル等を加え、又は、それらのソフトウェアを解析し、改ざんし、修正し、複製し、二次的に利用するなどの行為
本サービスに関連するプログラム、プログラムコード、ファイルその他の情報を改変する行為をすること
人工知能その他の自動化された手段を使用して本サービスを利用する行為
当社又は本サービスに関連する第三者の財産、知的財産権、肖像権、プライバシー、企業秘密その他の権利又は利益を侵害する行為
当社又は本サービスに関連する第三者に対して信用若しくは名誉を毀損し、侮辱し、誹謗中傷その他の嫌悪感を与える行為
当社又は本サービスに関連する第三者の事業その他の活動を妨害する行為
本サービスの利用に際して知り得た当社又は第三者の秘密又は個人情報を不正に入手し、又は、開示若しくは漏洩すること
犯罪的行為又は犯罪的行為に結び付く行為
法令若しくは公序良俗、裁判所の判決、決定若しくは命令、行政機関の処分、指導若しくはガイドライン等に違反する行為
前各号のいずれかに該当する行為を誘発又は助長する行為
その他、本規約に違反する行為

(利用停止等)
ユーザーが次の各号に定める事由のいずれかに該当するときは、当社は、ユーザーに対する通知その他の手続を要することなく、直ちに本サービスの利用停止その他の必要な措置(当該ユーザーが関与したSPACERロッカー内の保管物の点検・処分を含みます。)をとることができるものとします。
第9条(禁止事項)各号に定める事由のいずれかに該当し、又は、該当するおそれがあると当社が判断した場合
当社からの回答を求める通知に対して2週間以上返答がない場合
本アプリへのログインが3か月以上ない場合

(サービスの提供の一時的中断・制限)
当社は、次の各号に定める事由に該当するときは、あらかじめユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を一時的に中断又は制限することができるものとします。
SPACERロッカー、本サービスに関連するシステムその他の設備の保守、点検、改修、更新その他の必要な作業を行う必要がある場合
SPACERロッカー、本サービスに関連するシステムその他の設備、サーバー等の故障、障害、不具合等を回避するために必要な場合
地震、落雷、火災、停電、通信障害その他の当社の責めに帰することができない事由により本サービスを提供することが困難となった場合
その他、当社が必要と判断した場合

(知的財産権等)
本アプリを含む本サービスを構成する全てのコンテンツに関する知的財産権その他の権利は、当社又は当該権利を有する第三者に帰属するものとし、ユーザーは、当社が定める方法に従って本サービスを利用する限度でのみこれらのコンテンツを利用することができるものとします。
ユーザーは、当社に対し、本サービスの提供、改善、本サービスに関連する通知、広告宣伝等のために必要な範囲で、ユーザーが本サービスの利用に関連して登録又は申告した情報の利用を無償で許諾したものとみなし、ユーザーは、当社に対し、当該利用について知的財産権その他の権利を行使せず、また、第三者をして行使させないものとします。

(サービスの内容の変更)
当社は、いつでも、本サービスの内容(本アプリの機能を含みます。)の全部又は一部を変更することができるものとします。

(本サービスの終了)
当社は、本サービスの提供を終了するときは、あらかじめ、ユーザーに対し、本サービスを終了する旨を通知し、又は、ウェブサイトに掲載するなどして周知するものとします。
当社が本サービスの提供を終了したときは、本契約は解約されたものとします。この場合、本契約は将来に向かってのみ効力を失うものとします。

(解除)
ユーザーが本規約の定めに違反し、当社がユーザーに対してその違反の是正を求めたにもかかわらず1週間以内にその違反が是正されないときは、当社は、本契約を解除することができるものとします。
前項の定めにかかわらず、ユーザーが次の各号に定める事由のいずれかに該当するときは、当社は、ユーザーに対する催告その他の手続を要することなく、直ちに本契約を解除することができるものとします。
第9条(禁止事項)各号に定める事由に該当する場合
破産手続、再生手続、会社更生手続、特別清算手続又はこれらに準じる手続の申立てがあった場合
支払停止又は支払不能となった場合
手形又は小切手が不渡りとなった場合
仮差押えその他の保全処分、差押えその他の強制執行若しくは競売その他の担保権の実行の申立て又は公租公課の滞納処分を受けた場合
事業又は信用の状態が本サービスの利用に適当でないと当社が判断した場合
監督官庁から業務停止又は免許若しくは登録の取消しの処分を受けた場合
資本金の額の減少、事業譲渡、合併、会社分割又は解散の決議をした場合
ユーザーが自然人である場合にあっては、未成年であることが判明した場合、又は、後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けたことが判明した場合(法定代理人の同意がある場合を除く。)
ユーザーが自然人である場合にあっては、死亡した場合
当社からの回答を求める通知に対して1か月以上返答がない場合
本アプリへのログインが6か月以上ない場合
その他、本規約に違反して当社との間の信頼関係が破壊されたと当社が判断した場合
前2項の定めにより本契約が解除されたときは、本契約は将来に向かってのみ効力を失うものとします。

(反社会的勢力の排除)
ユーザーは、当社に対し、現在及び将来にわたって次の各号に定める事項を表明し、かつ、保証するものとします。
自ら又は自らの役員その他の自らの経営に実質的に関与している者が反社会的勢力でないこと
自ら若しくは第三者の不正の利益を図る目的、又は、第三者に損害を与える目的をもって反社会的勢力を利用していると認められる関係を有していないこと
反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は、便宜を供与するなど、反社会的勢力の維持、運営等に協力し、又は、関与していると認められる関係を有していないこと
自ら又は自らの役員その他の自らの経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと
ユーザーは、当社に対し、自ら又は第三者を利用して、次の各号に該当する行為を行わないことを表明し、かつ、保証するものとします。
詐術、暴力的な要求行為
法的な責任を超えた不当な要求行為
取引に関し、脅迫的な言動を行い、又は、暴力を用いる行為
虚偽の風説を流布し又は偽計若しくは威力を用いて、当社の信用を毀損し、又は、当社の業務を妨害する行為
その他、前各号に準ずる行為
ユーザーが前2項に定める表明保証のいずれかに違反したときは、当社は、ユーザーに対する催告その他の手続を要することなく、直ちに本契約を解除することができるとともに、ユーザーに対し、当該違反又は当該解除に関連して当社に生じた損害(調査費用、弁護士費用等の専門家費用を含みます。)の賠償を請求することができるものとします。
前項の定めにより本契約が解除されたときは、本契約は、将来に向かってのみ効力を失うものとします。

(残存条項)
本契約が終了した後も、第5条(アカウント登録)第5項、第8条(SPACERロッカーに関する同意事項)、第12条(知的財産権等)、第16条(反社会的勢力の排除)第3項、第18条(非保証)、第19条(免責)、第20条(損害賠償)、第21条(個人情報の取扱い)第2項、第22条(契約上の地位の譲渡等の禁止等)、第24条(分離可能性)、第27条(準拠法)、第28条(専属的合意管轄)並びに本条は、引き続き効力を有するものとします。

(非保証)
当社は、次の各号に定める事項のいずれについても、一切保証しません。
本アプリの動作にバグ、エラー、システム障害その他の不具合が生じないこと
本アプリにセキュリティ上の欠陥がないこと
本サービスに関連するシステム等に不正なアクセス等がないこと
本アプリを含む本サービスを構成する一切のコンテンツの適法性、正確性、完全性、最新性、信頼性、有用性、妥当性その他一切の事項
本アプリを含む本サービスを構成する一切のコンテンツが消失しないこと
本アプリを含む本サービスを構成する一切のコンテンツのバックアップ
本アプリを含む本サービスを構成する一切のコンテンツ、本サービスに関連するシステム、当社がユーザーに対して送付するメール等にコンピューター・ウィルスその他の有害なプログラム等が含まれないこと
本サービスの内容がユーザーの期待する品質を満たすこと

(免責)
当社は、次の各号に定める事由によりユーザーに生じた損害のいずれについても、一切の責任を負いません。
ユーザーと他のユーザーその他の第三者との間のトラブル
ユーザーが本規約に違反したこと
当社が本規約の定めに従いユーザーが登録している情報について削除その他の措置を講じたこと
当社が本規約の定めに従いユーザーに対して利用停止その他の措置を講じたこと
当社が本規約の定めに従い本サービスの全部又は一部の提供を一時的に中断又は制限したこと
当社が本規約の定めに従い本サービスの内容を変更したこと
当社が本規約の定めに従い本サービスの提供を終了したこと
当社が本規約の定めに従い本契約を解除したこと
当社の故意又は重過失によらない事由

(損害賠償)
ユーザーが本規約に違反したことにより当社又は第三者に損害(調査費用、弁護士費用等の専門家費用を含みます。)が生じたときは、ユーザーは、当社又は第三者に対し、当該損害を賠償する責任を負うものとします。
当社がユーザーに対して損害を賠償する責任を負う場合、その責任の範囲は、当社の故意又は重大な過失による場合を除き、ユーザーに直接かつ現実に生じた通常の損害に限られ、また、過去1年間にユーザーが当社に支払った利用料に相当する金額を上限とします。

(個人情報の取扱い)
当社は、当社が別途定めるプライバシーポリシーに基づき、ユーザーが本サービスを利用することにより当社が取得する個人情報を適切に取り扱うものとします。
ユーザーは、当社がクレジットカードの不正利用等の調査の目的で捜査機関又はクレジットカード会社若しくは当社が利用する決済代行業者にユーザー情報を提供することができることを、あらかじめ異議なく承諾するものとします。

(契約上の地位の譲渡等の禁止等)
ユーザーは、本契約上の地位、又は、本契約若しくは本サービスの利用に基づき発生する権利若しくは義務を、第三者に譲渡若しくは貸与してはならず、また、担保に供するなどして処分してはならないものとします。
当社は、当社が第三者に対して本サービスに係る事業を譲渡するときは、当該事業の譲渡に伴い、当該第三者に本契約上の地位、本契約に基づく権利及び義務、ユーザーが本サービスの利用に関連して登録した情報等を譲渡することができるものとし、ユーザーは、これらの譲渡について、あらかじめ異議なく承諾するものとします。

(利用規約の変更)
当社は、いつでも、本規約の全部又は一部を変更することができるものとします。
当社は、本規約を変更するときは、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期を当社が定める方法により周知するものとします。
本規約の変更後にユーザーが本サービスを利用したときは、ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなします。

(分離可能性)
本規約を含む本契約の一部が裁判所の判決等により無効と判断された場合であっても、当該一部のみが無効となり、その他の部分はなお有効に存続するものとします。

(お問合せ)
ユーザーの当社に対する本サービスに関連する問合せは、本アプリを通じて、又は、当社のウェブサイト上の「お問合せフォーム」を利用して行うものとします。

(誠実協議)
本規約を含む本契約に定めのない事項又は本規約を含む本契約の解釈に疑義が生じた事項は、ユーザーと当社とが誠実に協議して解決するものとします。

(準拠法)
本規約を含む本契約は、日本法に準拠し、これに従い解釈されるものとします。

(専属的合意管轄)
本規約を含む本契約に関連する訴訟は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

制定日 2018年3月1日
改訂日 2020年3月1日